広島事務所事務局 事務局 広島事務所

2012年02月03日(金)

インフルエンザ

我が家にインフルエンザの波がやってきました。

昨年10月末に子どもがインフルエンザに罹ったので、今シーズン、我が家はもう大丈夫だろう、と思っていたのですが、週末土曜日の夕方から一人目が、月曜日の午後からは二人目が発熱。突然お休みをいただき、各方面にご迷惑をおかけしましたが、おかげさまで何とか収束に向かっているところです。

さて、このインフルエンザ。

インフルエンザってなぁに? と子どもたち(小学校3年生)から質問を受けたので、自宅にある広辞苑(第四版 平成3年発行)で調べさせたところ、「流行性感冒におなじ」との説明。流行性感冒の説明は「インフルエンザ-ウィルスによって起こる急性伝染病。多くは高熱を発し、四肢疼痛・頭痛・全身倦怠・食欲不振などを呈し、急性肺炎を起こしやすい。インフルエンザ。略称、流感。」となっていました。子どもたちにとっては、ますますわからない説明だったようです。

子どもたちでいろいろ検討しあって、結局のところ、「インフルエンザは、風邪の酷いの」という解釈で落ち着いたようです。

ちなみに、子どもたちが小学校で使っている新版小学国語辞典(教育同人社 第2版)によるとインフルエンザは「ウィルスがうつって起こるはやりかぜ=流行性感冒」とありました。

先日発売された新解明国語辞典(第7版)によるとインフルエンザは「流行性感冒」。流行性感冒は「ウイルスによる急性の感染症。高熱を発し、肺をおかしやすい。はりかぜ。インフルエンザ。流感。」

デジタル大辞泉によると、インフルエンザは「インフルエンザウイルスを病原とする急性の呼吸器感染症。発熱・頭痛・全身倦怠感(けんたいかん)、筋肉痛などの症状がみられる。かぜ症候群に比べて全身症状が強く、症状が重い。以前は流行性感冒(流感)ともよばれた。」

小学校3年生の子どもたちにとって、広辞苑をはじめとする大人向けの国語辞典は、私にとっての英英辞典と同じようなものだったようです。
辞書は、おもしろいんだけどなぁ。。。

広島事務所 事務局


広島事務所事務局 事務局 広島事務所

2012年02月01日(水)

少数派

私が社会人になった頃は、Windows95発売前で、パソコンは一部の趣味な人が使っているもの、といった感じでした。もちろん、日本ではインターネット黎明期でした。

当時の裁判書類は、縦書きで、用紙はB4サイズ袋とじ、もしくはB5サイズ。縦長に用紙を配置し、右側を綴ってやりとりしていました。

筆記具としては、ワープロ専用機を使っている事務所が多く(手書き、というところもあったくらいです)、パソコンを導入している事務所はワープロソフトとして「一太郎」や「OASYS」を使っているところが多かったように思います。

「一太郎」は裁判所が使っているから。
「OASYS」は、裁判所がパソコンに移行する前にワープロ専用機で同ソフトを使用していたから、だったように覚えています。

当時の裁判文書は縦書き一文字の中に“(ワ)”とか“(家イ)”といった事件番号を表示していたので、一太郎専用の「裁判所外字」と呼ばれる専用外字ソフトが全庁で使用されていました。

そんなこんなで、私が使い慣れているのは一太郎とATOKなのですが、いつの間にか世の中は「ワープロソフトといえばWord」という状態になってきて、ついに、裁判所も一太郎からWordに切り替わってしまいました。

先日、手続きに使用する書式の改訂があったので、弁護士会を通じて雛形を入手したところ、データはWordかExcel、PDFのみ。一太郎のものは一つもありませんでした。

一太郎は少数派なんだ……

自分自身が、なんだか遺物になったような気がした、でき事でした。


広島事務所 事務局


中岡 正薫弁護士 弁護士 中岡 正薫

2012年01月23日(月)

奈良の魅力

初めまして、この1月から弁護士としてあすかに入所しました中岡正薫(まさのぶ)といいます。まだまだ未熟者ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。
さて、自己紹介欄でも少し触れているのですが、私の出身は奈良県でこれまで人生の大半を奈良で過ごしてきました。
そこで今日は、広島の方々には馴染みの薄い(?)奈良の魅力をご紹介させていただき、併せて私の人となりを知ってもらえればと思います。

その1 鹿と大仏様と・・・
「奈良」と言うと、まっさきに出るのは「鹿」と「大仏様」ですよね。
おそらく1000年近く奈良のイメージはこの2つだったのではないでしょうか。それくらい他に全国的に有名なものがありませんでした(奈良の観光協会の方、ごめんなさい)。
しかし、近年、奈良から連想される第3のものが登場しました。
ご存じ、「せんと君」です。
 当初は物議を醸したせんと君ですが、見慣れると案外かわいく、彦根のひこにゃんと肩を並べる人気キャラクターに成長しました。
 しかし、着ぐるみは正直ちょっと怖いです。

その2 ライバルは京都??
良く聞かれるのですが、奈良はJR西日本が打ち出したキャンペーンである三都物語の三都には入っていません(大阪、京都、神戸らしいです)。しかし、れっきとした「元」都の街であり、同じ都だった京都には密かならぬライバル心を抱いています。
しかし、悲しいかな、集客力・街の規模・知名度のどれをとっても京都には遠く及んでいないのが現状です。あの平城遷都1300年祭で奈良が最も盛り上がっていたときでさえ、関西行きの観光パンフレットには、ドでかい京都のお寺の写真の右上部分に○囲みで朱雀門の写真がちょこっと出ていた程度なんです(卒業式に休んだ子どものように)。
リニアが開通して起死回生の逆転劇を望んでいるのですが、遠い先のお話ですね。
 
その3 奈良人はのんびり屋さん
奈良人の気質としては、性格的にはのんびりしていて温和な人が多いようです。土地が豊かで災害なども少なく、戦乱に見舞われることもなかったためのようです。私自身も気質は奈良人の気質を多分に備えているように思います。

事務所に来られたときには、大仏様のような穏やかな笑顔で皆様をお出迎えさせていただきたいと思いますので、お気軽に中岡にご相談ください。


広島事務所事務局 事務局 広島事務所

2012年01月17日(火)

17年目の朝

阪神・淡路大震災が発生して17年目の朝を迎えました。

あの日の朝は、地震の揺れで目を覚ましたことを、はっきりと覚えています。
連休明けの朝でもあり、いったい何事が起こったのか、自宅を出るときにはまだ被害の状況がよくわからないままでしたので、不安を抱えたままで出勤しました。

一日が終わり帰宅したときには、テレビやラジオでその被害状況の一端を知ることができ、戦慄しました。

あれから17年。

私が目にする阪神・淡路は以前にも増して活気があるように見えますが、まだまだ、震災の爪痕は残っているといわれます。
本当に復興できる日まで。
記憶を風化させずに、自分にできることを探していきたいと思っています。

広島事務所 事務局


東広島事務所事務局 事務局 東広島事務所

2011年12月28日(水)

年末大掃除

こんにちは。
東広島事務局です。

早いもので、今年も残すところあとわずかとなりました。
何かと慌ただしい毎日ですね。

東広島事務所では、先生方のスケジュールに合わせ、少し早めでしたが、
21日に大掃除を行いました。
日頃の掃除ではなかなか出来ないところ・・・窓ガラスや棚の上、机やイスの脚など
丁寧に水拭きしました。
それから、食器類の漂白、空調の埃取り、本棚の整頓、一年の汚れは、結構ガンコでした。。
エプロンやメラニンスポンジを持参し、事務局の1人はジャージに着替えてまで頑張ってくれましたよ。

私は、東広島事務所で年末大掃除をするのが今回で4回目ですが、
毎年、少しずつ机や物が増えてきていて、
「これは、初めにはなかったな~」などと、いろいろな思い出に浸りながら掃除をしていました。
来年の大掃除の時には、「去年はこれはなかったな~」と思いながら、また掃除をするのでしょうかね。。
掃除が済んだ後は、さすがにぐったりでしたが、事務局みんなで達成感を味わいながらコーヒーで乾杯しました。

あとは、自宅の大掃除が待っています。
自宅となると面倒くさくって、なかなかやる気がでませんが、
やはり、一年の汚れを落とすために頑張って掃除をしないといけませんね。

それでは、みなさん、今年一年大変お世話になりました。
よいお年をお迎えくださいね。


posted by 事務局 東広島事務所 - parmlink

東広島事務所 事務局のエントリー一覧へ »

376-380件 (全435件中) を表示中

EDITOR 投稿者一覧

  • 福田 浩福田 浩 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 今田 健太郎今田 健太郎 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 上椙 裕章上椙 裕章 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 谷脇 裕子谷脇 裕子 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 中岡 正薫中岡 正薫 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 大橋真人大橋真人 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 橋本 孝也橋本 孝也 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 広島事務所広島事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 東広島事務所東広島事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 呉事務所呉事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ

2018年12月

« 前の月

次の月 »

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のブログエントリー

ブログアーカイブ

Mediaメディア掲載

紙媒体2018年11月20日(火)

中国新聞 いのちを守る 2018年11月18日

今田健太郎弁護士などの専門家が熊野町役場にて西日本豪雨で被災した同町川角の団地、大原ハイツの再生を目指す団体「復興の会」をサポートする活動が本格化しているという記事が掲載されました。

続きを読む…»

紙媒体2018年11月07日(水)

中国新聞朝刊「七人の侍」いざ参らん 2018年11月7日

今田健太郎弁護士が、被災者支援活動の課題や、現在の社会構造などについて、インタビューを受けた記事が、11月7日中国新聞朝刊の「オピニオン」に掲載されました。

続きを読む…»

紙媒体2018年05月07日(月)

東広島商工会所報 平成30年5月号 「高齢者との契約」

高齢者との契約について上椙弁護士が寄稿しました。

続きを読む…»

これまでのメディア掲載はこちら »


ページの先頭に戻る

最近のブログエントリーRECENT ENTRIES

Hiroshi FUKUDA

弁護士
福田 浩

Kentaro IMADA

弁護士
今田 健太郎

Hiroaki UESUGI

弁護士
上椙 裕章

Hiroko TANIWAKI

弁護士
谷脇 裕子

Masanobu NAKAOKA

弁護士
中岡 正薫

Masato OHASHI

弁護士
大橋 真人

Takaya HASHIMOTO

弁護士
橋本 孝也

HIROSHIMA OFFICE

広島事務所 事務局
広島市中区上八丁堀4-1 10F

HIGASHIHIROSHIMA OFFICE

東広島事務所 事務局
東広島市西条中央7-23-35 3F

KURE OFFICE

呉事務所 事務局
呉市中央一丁目4-24 リベラビル4F