中岡 正薫弁護士弁護士 中岡 正薫

2016年11月16日(水)

マラソンノススメ

弁護士の中岡です。
あすかブログ読者の方はご存知かと思いますが、私は年に数回程度、全国各地のマラソン大会に出場しています。
そのことを人に話すと、よく聞かれる質問があります。
「何が楽しくてあんなに辛い(辛そうな)ことに何度も挑戦するの?」

昨今のマラソンブームで走ることを趣味にする人が増えたとはいえ、やはり普段走ることのない人からはマラソンの楽しさや得られるものについて共感をしてもらえません。
そこで、今回は私が考えるマラソンの魅力についてお話しをしたいと思います。

初めてフルマラソンを走ろうとする人にとっては、大会に出場して42.195㎞の走破を目指すことは大きな決断であり挑戦でしょう。
何ヶ月も前から練習を重ね、慣れない運動で生じた筋肉痛にも耐えなければなりません。練習を休めば筋力や体力は元に戻り、激しいトレーニングを繰り返せば膝痛や腰痛にも見舞われます。
大会直前になると、万全の体調に整えるため、飲みたいビールも夜更かしも我慢します。
そんなこんなで大会当日を迎えます。
レース序盤はトレーニングの成果もあり気持ちよく走ることができます。大きな大会では普段絶対に走ることのできない車道を駆け抜けることができるので、映る景色は新鮮で美しく、沿道からの応援にも気安く応じることができます。
レース中盤になると少しずつ足に疲労が出てきます。また、カロリーの消費が激しいせいか、すぐにお腹が減ってきます。カロリー補給を見誤ると足がとまるため、こまめに栄養補給をしなければなりません。
この辺りからランナーズ・ハイになることがあります。ランナーズ・ハイになると、これまでの疲れが嘘のように吹き飛び、楽にペースを上げて走ることができます(自分にはマラソンのセンスがあるのでは、という勘違いが生まれます)。
そして、レース後半。先ほどまで軽かった足は鉛のように重くなり(ランナーズ・ハイは最後まで続きません)、息は上がり、走るペースもどんどん落ちていきます。やっぱ出場するんじゃなかった、休みたい、だけどあと少し頑張ろう、後悔と意地が入り混じった感情がわき上がります。沿道からの声援は気力の一滴になり、優しい声をかけられると泣きそうになります。
足を引きずりながら歯を食いしばりながら、ようやくゴールを迎えると、これまでの努力が蘇ります。自分を褒めたくなると同時に応援してくれた周囲の人々への感謝の念でいっぱいになります。
達成感を手に入れ、疲れた身体には温泉とビールというご褒美が待っています。

どうでしょう。
人生におけるあらゆる要素・感情が凝縮されていると思いませんか。
よくマラソンは人生に喩えられることがありますが、本当にその通りだと思います。

そういえば、一時期、某会社のCMで「人生はマラソンじゃない」というテーマのCMがありました。
でもこのメッセージ、
  「マラソン=決められたレールを走るだけ」
という命題が前提になっていて、
  「マラソン=自分の限界に挑戦すること、自分を支えてくれた人への感謝の気持ちを思い出させるもの」
というマラソンの真の魅力に対するアンチテーゼにはなっていません。むしろ、人生には色々な感動や素晴らしさがあるという意味では同じことを伝えているのかもしれません。

   苦しいから楽しい
   諦めないから美しい
   涙を流すから強くなる
マラソンの魅力は人生の魅力を知ることにあるのかもしれません。


EDITOR 投稿者一覧

  • 福田 浩福田 浩 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 今田 健太郎今田 健太郎 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 上椙 裕章上椙 裕章 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 谷脇 裕子谷脇 裕子 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 中岡 正薫中岡 正薫 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 長谷川 遼長谷川 遼 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 坪井 清隆坪井 清隆 弁護士ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 広島事務所広島事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 東広島事務所東広島事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ
  • 呉事務所呉事務所 事務局ブログエントリー一覧 プロフィールへ

2017年09月

« 前の月

次の月 »

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のブログエントリー

ブログアーカイブ

Mediaメディア掲載

紙媒体2017年05月26日(金)

東広島商工会所報 平成29年5月号 「職場内トラブルは弁護士に相談してみよう」

職場内トラブルの相談相手について今田弁護士が寄稿しました。

続きを読む…»

紙媒体2017年02月01日(水)

東広島商工会所報 平成29年2月号 「知らないと怖い『保証人になる』ということの意味」

保証人になることの意味について谷脇弁護士が寄稿しました。

続きを読む…»

紙媒体2016年11月16日(水)

東広島商工会所報 平成28年11月号 「接客中のトラブル」

接客中のトラブルについて長谷川弁護士が寄稿しました。

続きを読む…»

これまでのメディア掲載はこちら »


ページの先頭に戻る

最近のブログエントリーRECENT ENTRIES

Hiroshi FUKUDA

弁護士
福田 浩

Kentaro IMADA

弁護士
今田 健太郎

Hiroaki UESUGI

弁護士
上椙 裕章

Hiroko TANIWAKI

弁護士
谷脇 裕子

Masanobu NAKAOKA

弁護士
中岡 正薫

Ryo HASEGAWA

弁護士
長谷川 遼

Kiyotaka TSUBOI

弁護士
坪井 清隆

HIROSHIMA OFFICE

広島事務所 事務局
広島市中区上八丁堀4-1 10F

HIGASHIHIROSHIMA OFFICE

東広島事務所 事務局
東広島市西条栄町10-27 栄町ビル5F

KURE OFFICE

呉事務所 事務局
呉市中央一丁目4-24 リベラビル4F